2015年07月31日

前倒しのお知らせwww

シナリオはプロローグ(ポエムみたいなもんw)から現在共通部分の冒頭部を書いてます。
冒頭部ではいろいろ情報をつっこみながら進めていかなくてはならないので、何を入れて何を入れないかの選択に迷います。
コレはもう少しあとでいいだろう、とかコレは今入れておかないとダメだろう、とか。

地の文は結局第三者視点にしたのですが、主人公目線寄りなので時々モノローグっぽくなります。
その文体が自分的にちょっと気持ちよくてw気に入ったので多分このまま。
文章自体が「ハンス」とは少し雰囲気が違う?かもです。

最初から長編と腹をくくってるので登場人物の描写も可能なかぎり詳細にしたいのはもちろん。
今回はえろの部分でも前作とは比較にならないほど濃いものにしたいと思ってます。
と、そこで問題になるのが私の文章力なんですが・・・(´_`。)
今からでも官能小説なりBL小説なり読んで勉強しますですよ・・・!

正直申しますと、ついつい最近まで漫画も小説も映画でもなんでも恋愛ものはほとんど目にしたことがなく。
ガッツリした恋愛ものを手にしたのは何年か前に始めた乙女ゲームが最初です。
更にいわゆる18禁ものに手をだしたのはここ数年というど素人ぶりもいいところなので。
ホラーサスペンスやミステリー系は子供の頃からどっぷり浸っているからオツリが出る位インプットがあるんですがねー(A;´ 3`)
恋愛描写なんてどう攻めていったらいいんかわからんもんなぁ・・・。

新作のテーマは攻略相手との関わりを描くのはもちろんなんですけど、それ以外に描きたい要素がたくさんあるのでぜひとも完成させたいです。
苦手な恋愛部分もがんばるよ・・・っ

さて

9月1日公開予定とお知らせしたティザーサイトなのですが

前倒しのお知らせです(笑)

サイトの構築がすでにできてしまってて、残りイラストを1枚描いたらいつでも公開OKな状態なので、9月まで待つ必要ないじゃんってことですw
イラストが描け次第アップしようと思います。
そして公式サイトの公開を9月1日を目標にすることに。
その時にストーリーや登場人物の紹介ができるようにしたいです。
posted by 水草 at 16:06| Comment(0) | ゲーム制作

2015年07月27日

シナリオ書いてます!

猛暑日が続いておりますがみなさまお元気でしょうか?
気が付けば7月も末。
本当なら今頃大阪でシナリオを書いてるハズだったんですが、オフの予定がころころ変わってしまって未だ東京にいる始末。来週半ばには移動すると思うのですが、さて?

制作開始したゲームの進捗状況を少し。

世界観とメインキャラクターの設定ができて物語のテーマも固まったと思います。
プロットと言うには雑すぎるかもしれないけど共通部分のストーリーの流れも決定。
描くエピソードも大体決まりすでにシナリオを書き始めています。
共通に登場するキャラクターはメインを含めて9人。全員立ち絵有りです。
共通の三分の二くらいを体験版にできたらいいなあと考えています。

専用サイトを構築中。
タイトルロゴ作りました。
9月1日にティザーサイト公開、を目標にしています。

年内中にシナリオの共通部分だけでも完成したらいいな。
まだ5ヶ月あるので感触としては余裕?でできそうな気がする←
ただそれはガッツリ集中して作業できたらの話なわけで(A;´ 3`)
途中で何が起こるかわからないので、と一応予防線ははっておくwww

グラフィックの作業もできるところから並行して進めていきますv

新作作業の傍ら「ヴァルターの憂鬱」の別バージョンを作っていました。

別バージョンと言っても内容ではなく、使用エンジンツールの違いです。
Ver.1.0はティラノスクリプトを使ったのですが、Yu-Risというエンジンの存在を教えて頂き挑戦してみました。
Yu-Risは商業作品にもよく使われているツールで「NO,THANKYOU!!!」もそうだったりします。
あと「ハンス」で使ったLiveMaker版も作ってみました。
中身はほとんど同じだけどシステム周りとか演出とかちょっと違ってる部分もあるので比べてみると面白いかもしれませんね。
LM版とYu-Ris版は専用サイトから両方ダウンロードすることができます。

三種三様で各々使いやすい部分、不満な部分あるのはもちろんです。
結局は使う側との相性というかやっぱり好き嫌いになるのかもしれません。
最終的に自分はLiveMakerのレイヤー構造のわかりやすい部分が好きだったので新作はLMで作ることにしました。マスター作成が簡単だったり容量が軽いというのもアドバンテージです。
前作ではほとんど使わなかったLiveCinemaをもっと駆使して演出の幅を広げられたらと思います。

あ、でもプログラムを組んでいくのは楽しかったです。
私が使ったのはまだまだ基本の部分でしかないので使いこなすともっと色んなことができるんだろうな。
特にYu-Risの方はERISのスクリプトを書き換えていく作業なので要領がわかったらとても簡単です。
動作がとてもなめらかで好みなので機会があればぜひ使ってみたいかな。

とりあえずはLiveMakerを更に使いこなすべくがんばります(●`・ω・)ゞ!!
posted by 水草 at 20:19| Comment(0) | ゲーム制作

2015年07月14日

新作始動

「ヴァルターの憂鬱」ダウンロードありがとうございます<(_ _)>
「ハンスとグライフ」の方も少しずつですがDL数が増えてくれていて嬉しい限り。
今のところ不具合&誤字脱字報告がゼロなので修正パッチやバージョンアップのことを考えずにすんでいるのがありがたいw
自分は1か所「。」が抜けてる文を見つけちゃったんだけどねっ(A;´ 3`)
これはもう見なかったことにする←

あ、でも何かありましたらどうぞ本当に遠慮なくお知らせくださいませね。
私って話しかけ難い雰囲気あるのかな?って時々心配になるんですけど大丈夫ですよ?
とって喰ったりせんですからwww

あ、あと素敵ないただきもの(ハンスとグライフのイラストv)を頂戴しました。
gameのページに飾らせて頂きましたのでぜひご覧ください〜

本格的に新作制作始動しました。
自身の制作メモも兼ねてブログで進捗状況をお知らせして参りますね。

多分長い旅になります故・・・(ふううっ)

現在はまだ脳内作業中です。
ゲームの構成、世界観、キャラクター設定などを細かく決めているところ。

現時点での決定事項:
・童話をモチーフにしたBLダークファンタジー
・長編アドベンチャーゲーム
・主人公総受け
・攻略相手3人
・エンド数7(BAD含む)
・作品イメージは「闇・病・鬱」
・作品キーワードは「人形・双子・猟奇・監禁・異形」

メインキャラのビジュアルはほぼ決定済。
もしかしたら変更あるかもしれませんがちょびっとチラ見せ||電柱||q・ω・〃)。.:*・゜

main.jpg


キャラクターを色でイメージしています。
主人公=紫
攻略相手A=黒、B=金、C=赤
・・・つまりは髪の色なんすが(;´Д`A ```アセダク

今回はサブキャラたちもちゃんと顔を描いて(笑)その人なりも描きたいと思っているので、全体のボリュームがどれくらいになるのかは今の所全く見当がつきません。
ただ最初はリバありにしたかったんだけどそうなるとエンド数が一体いくつになるのかわかったもんじゃないので(笑)ここは素直に主人公総受けでシンプルな構成にすることにしました。
ADVとなると選択肢の数もそこそこ必要ですし、まあそこは追々頭を悩ませながら考えていきます。

この夏の間にイメージイラスト的なものを描いて秋にはディザーサイトをオープンしたいです。
その時には内容に関してもある程度具体的にお知らせできたらと思っています。

個人的にはゲームキーワードの「異形」部分にかなり萌えておりますwww
どうかぜひぜひ最後までお付き合いくださいませっ
posted by 水草 at 15:14| Comment(0) | ゲーム制作

2015年07月10日

超短編ビジュアルノベル風SSを作りましたv

plate3.jpg


「ヴァルターの憂鬱」完成しました。
10分程度で読める短いお話なのでよかったら遊んでみて下さい。
ここにもリンクはっておこうかな?⇒ダウンロード
クリックしたらダウンロードが始まりますので気を付けてくださりませ〜

サブタイトルは「an episode from Hanns and Greif」になります。

本編では描かれなかった、下男とグライフとのちょっとしたエピソードを綴ってみました。
多分にネタバレを含みますので本編プレイ後推奨です。
本編じゃほぼ名前のみの出演だった下男目線で描いています。
ストーリーの流れとしてはこの後エンド2「終の棲家」へと続くと思っていただけるとよいかと・・・。
裏グライフ?の姿が垣間見えると思うのであれこれ妄想してもらえると嬉しいです〜(笑
posted by 水草 at 21:15| Comment(0) | ゲーム制作

2015年07月04日

スクリプト奮闘中っす

varta.JPG


「ハンスとグライフ」、毎日何人かDLしてくださってるみたいで。
ありがとうございます(感謝)

お礼も兼ねてショートストーリーをビジュアルノベル風に作ってみようと現在作業中です。
↑がそのタイトル画面になります。
とんでもネタバレな内容なので本編をプレイされてなかったら「???」になると思います。
ヴァルターっつうのは本編に名前だけ出てくるキャラなんですが、今のところ何故か注目度ナンバーワンです(笑

作成ソフトをLiveMakerからティラノスクリプトに変えて制作しています。

一度本格的なスクリプトっていうのを組んでみたかったのでちょっと手をだしてみたというか。
吉里吉里よりはとっつきやすいかな〜ってのと、まあHTMLタグに慣れてるので何とかなるだろうと思たのですが、思いの外苦戦してますwww
システムっていうんですか、実装されているコンフィグに音量調節やテキストの表示スピードがなくてプラグインが必要なんですね。あとオートも。
自分のゲームシステムに合うようカスタマイズしなきゃいけないし。
なのにまだスクリプトの基本を理解してないものだからどうしたらいいかわかんなくなったですよ。
昨日ほぼ丸一日タグとにらめっこしてたんですが、何とか動くようになりました。

あとリンクに手こずりました。
チュートリアルやサンプルゲームには文字へのリンクの説明しかない。
画像へのリンクはボタン扱いになるのかな?(まだよくわかっていないw)
あ、これは本文じゃなくてタイトル画面のメニューの話なんですが。
結局自分がラベルの貼り方をちゃんと理解してなかったのが原因だったんですが、何時間もあれこれ試した挙句漸くできました(A;´ 3`)

他にも何か所かうまくいかない箇所がありましたがシステム面は一応クリア。
サンプルのスクリプトをそのまま使えばこれほど苦労することもないんだろうけどやはり色々カスタマイズしたいですもんね(笑

これからやっとグラフィック素材の作成にかかります。
絵と音楽の組み込みはスムーズにできるといいんだけど。

一応来週末の完成を目指しています。
次回作にティラノを使うかどうかは未定。
やはり一番最初に手をつけたLMが楽だったなあ〜なんて思ったりしてるので(´ー`A;)
posted by 水草 at 15:01| Comment(0) | ゲーム制作